住宅内で起こる水のトラブルとは

住宅内で起こる水のトラブルとは 住宅内には台所やお風呂、トイレや洗面所、洗濯機など水を使用する設備や場所がいくつかあります。この他にも庭やベランダなどの屋外に水栓を取り付けているというところもあるでしょう。普段何気なく使用している水回りですが、水のトラブルが起こると非常に不便であり、中には水道水や汚水などが溢れてパニックになってしまった経験があるという人もいるのではないでしょうか。



■水のトラブルはまず落ち着くことが大切

水道水が溢れている、汚水が逆流しているなどといった状況を目にしてしまうと、なんとか水を止めなければ、解決しなければとパニックになってしまう人も多いようです。ですが焦っても何も解決しませんし、焦ることで事態がさらに悪化してしまう可能性もあります。水のトラブルが起こってしまった場合は、まずは水を止めることを考えましょう。
実は一般家庭の水道は水道の元栓を締めることで止まるようになっています。水が止まれば落ち着いて原因を特定したり、業者に相談したりなど対処をすることができるのではないでしょうか。水道の元栓は屋外にあることがほとんどで、一戸建ての場合は自分の所有する敷地内にありますが、マンションやアパートなどの集合住宅の場合はすぐに見つけることができない場合もあります。普段あまり目にすることがないのが水道の元栓ですが、万が一に備えて場所を把握しておきましょう。

■水のトラブルは日常生活の中で簡単に起きてしまう
これまで住宅内で水に関するトラブルに遭遇したことがないという人もいますが、意外と簡単に水に関するトラブルは起こってしまいます。台所やトイレをはじめ、洗面所やお風呂、洗濯機周りなど水を使用する場所であれば、どこでも起こる可能性は高く、ある日突然水が漏れ出した、給湯器 水漏れしはじめたというのは珍しいことではありません。
中でも水に関するトラブルが発生しやすいのが台所です。食事を作ったり、後片付けをしたりする台所は使用頻度も高いため、劣化の速度も早いものです。特にシンクに取り付けてある蛇口付近の水漏れは起こりやすく、あまり予兆が見られないままに突然水漏れが起こることもあります。また予兆があっても、問題なく使用できているならと放置してしまいがちになることもトラブルの原因になります。基本的に蛇口や排管などに使用されている部品のほとんどは10年ほどが寿命となることから、10年以上経っているという場合は交換をすることで不測の事態に備えることができます。

■惨事を招きやすいトイレの水漏れ

トイレからの水漏れは、目に見えている部分だけでなく目に見えない部分にも影響を及ぼしやすいので注意が必要です。床に水が染み出したりすることで、集合住宅に住んでいる場合は下の階の部屋にも水が漏れていくようになりますし、水道水ならまだしも汚水がしみてしまうと大惨事に繋がります。トイレの水漏れはタンクなどの経年劣化によるものが多いのですが、中には紙おむつや携帯電話など異物を流してしまい詰まってしまうケースもあります。他にも、ネコのトイレの砂を流して長年かけて蓄積し詰まってしまうケースや、食べかすなどを流して詰まってしまうケースなどもあります。
タンクなどの経年劣化であれば部品やタンクそのものを交換することで解決することができますが、トイレの詰まりに関しては、重度の場合は大がかりな作業を行わなければならない場合もあるので、それだけ費用もかかってしまいます。

■まとめ
意外と簡単に起きてしまう住居内での水のトラブルですが、できるだけ定期的に点検をすることによって、ちょっとした予兆を見つけて大惨事を防ぐことができます。チェックは自分でも行うことができますし、業者やハウスメーカー、管理会社などに依頼してしっかりチェックしてもらうこともできるので、ぜひ一度見直してみましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース